麻酔科生涯教育について

1. 専門医取得後

本人の意向ならびにそれまでの業績等を参考にしながら、各自のcarrier upを応援していきます。具体的には

1) 臨床主体か、研究主体でいくか
2) 大学(留学を含む)に残るか、関連病院に就職するか
3) 臨床麻酔のサブスペシャリティー(脳神経麻酔、心臓麻酔、小児麻酔等々)やペインクリニックや緩和医療、集中治療(救急含む)の集中的な研鑽を行う

2. 大学院

将来、大学等での指導者を目指す人はもちろんの事、いずれは臨床一本と考えている人も、ある時期研究にいそしむ事は、医師としてのキャリア形成に決してマイナスにはなりません。
当教室は、希望者のみを対象として、標榜医取得後(すなわち麻酔科医と名乗れるようになってから)の入学を原則としております。しかし、研究に対して、強くしっかりとしたモチベーションを持った人であれば、CLARC プログラムなどを利用した、早期入学についても、検討いたします。 なお、当教室では、院生の間も研究と臨床とを両立させることを原則とします。

3. 出産・育児サポート

これまでも、多くの女性医師が大学で教員として活躍しています。また、関連教員病院でも、多くの女性医師が臨床の第一戦で活躍しているのみならず、院長1人、副院長2人、その他医長2人と管理職としても頑張っておられます。

4. 取得可能な資格・専門医

麻酔科標榜医、麻酔科認定医、麻酔科専門医、麻酔科指導医、集中治療専門医、ペインクリニック専門医、 救急専門医、高気圧酸素治療専門医、緩和医療専門医、心臓血管麻酔専門医、神経麻酔指導医、小児麻酔認定医

5. 関連教育病院

当教室には多数の関連教育病院や協力病院があり、一部は専門医研修プログラムに参加しています。

6. 集中治療に興味のある方へ

当教室の基本方針は、プロの麻酔科医の延長線上に集中治療の専門医があるという方針で教育を行います。
しかし、当然ながらプログラム研修から積極的に集中治療に関わっていくことができます。北大病院での集中治療部では、副部長の斉藤仁志(集中治療専門医)のもと、常時麻酔科から研修医がローテションしています。
また、手稲渓仁会病院砂川市立病院 KKR札幌医療センターなど、麻酔科医が主体的に集中治療を運営している関連病院が沢山あります。

7. ペインクリニックや緩和医療に興味のある方へ

集中治療同様、当教室の基本方針は、プロの麻酔科医の延長線上にペインクリニックや緩和医療の専門医があるという方針で教育を行います。
しかし、これらもプログラム研修から積極的に関わっていくことができます。当麻酔科は、北大病院で、ペインクリニックのみならず緩和医療も、敦賀健吉のもと麻酔科主導で運営しています。

8. 心臓麻酔に興味のある方へ

心臓麻酔も、基本的な麻酔管理の延長線上にあるという方針で教育を行います。
2018年度現在、北海道大学をはじめ関連教育病院の砂川市立、手稲渓仁会病院が心臓麻酔専門医認定施設(道内5病院中3病院)となっており、関連教育病院全体での心臓・大血管症例は優に年間1000件程度を有しています。とりわけ、北海道大学では、新生児の複雑心奇形を含めた、年間150件程度の小児心臓麻酔が施行されており、心臓麻酔専門医のための必要経験症例のクリアも容易です。